【新着情報】繁忙期における 注意点または知ってて得する情報 | 宮崎市周辺の不動産をお探しなら賃住不動産有限会社 本社 / 都城店にお任せ下さい。

賃住不動産

営業時間9:00~18:00(1月5日から3月31日 18:30まで)定休日【全店毎週木曜日】

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
【新着情報】繁忙期における 注意点または知ってて得する情報

1月から3月末まで、不動産業は繁忙期と言われる時期となります。

転勤や、住み替えが1番集中する時期で、目まぐるしく物件が入れ替わる事より繁忙期と言われ、忙しい時期となります。そんな中、お客様の知って頂きたい注意点やお得情報を繁忙期真ん中にてご説明致します(⌒∇⌒)

 

まず1番注意する点としては、ブッキングです。

物件を内見し、気になったお部屋を1晩考える為持って帰り、次の日決めたい電話をしたら既に申込が入ってしまっており、取られてしまう。と言う、パターンです。

繁忙期で県外より引っ越さなければならない方は特にすぐにお部屋を決めてしまいます。しかも、内見が難しい為、写真を見て決めるパターンが8割です。お客様が気に入る物件は、他の方も気に入る可能性の高い良い物件と言う事です。ですので、1時間後に連絡したとしても、取られてしまう可能性がございます。経験談ですが、お部屋を気に入ってその場で、部屋をじっくりみた上で家主に部屋止めの連絡をしたところ、2分前に申込が入っているという事態が起きました。縁がなかったと言えばそれまでですが、気に入った物件に住めないのは悲しいですよね。。

 

ブッキングした時の、優先はどっち?

部屋が被ってしまった時、どのように優先順位を決めるかという事ですが、まずは先に家主様に部屋止めの承諾を得たか、がまず基準となります。その次に、手付金(部屋止め料)をしっかりと支払い

 

交渉事が厳しい時期?

繁忙期と言うのは、家主様も勿論知っています。そうなると、お部屋の家賃や条件を変えなくても、良い条件で契約してくれる人がいるのではないか。と言う考えになり、家賃の値下げ交渉や敷金礼金の交渉が難しくなります。交渉をするお客さん=入居しなくていい。と、偏見を持つ家主様がいらっしゃるので、交渉をお願いするときは、どんな家主なのか。と言う点で、注意が必要となります。。

 

繁忙期のじっくり探す作戦は正解?

 入居も多い時期だから、退去も沢山でるはず!いい物件が空くはずだから待とう!と、考えてしまいがちですが、待てば待つほど物件がなくなる可能性の方が高いのが事実です。退去が出たとしても、最短で1か月後、プラス清掃及び補修によって半月かかってしまいます。しかも、探されている条件ぴったりの物件の空きが出る可能性は低い現実。また、入居までの時間が無く原状回復が中途半端になり、綺麗な部屋に入居出来ない可能性も高くなってしまいます。

 

色々と繁忙期である1月~3月は、他時期に比べ可能不可能がございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

 

投稿日:2022/02/01